『無料レッスンスクール比較』を見る▶︎

自己流ゴルフの限界とは?初心者の私が100切りした上達のコツ6つ

自己流ゴルフの限界とは?初心者の私がスコア100切りしたステップ

原野

ゴルフ歴9年、ベストスコア⚪️84のゴルフフォーカス編集長です。IT企業でOLしながら、休日は大好きなゴルフをしています!
この記事で解決できる悩み
  • 自己流のスイングがプロみたいに綺麗にならない
  • ゴルフって、どうすればスコア100を切れるの?
  • 自己流スイングで上達できる限界とは?
  • 自己流でゴルフ練習して上達するコツを知りたい

上記の悩みを解決する記事を書きました!


この記事で紹介する『自己流のゴルフスイングで上達できない原因5つと上達のコツ6つ』を実践すれば、スコアを伸ばすために何をすべきかがわかりますよ!


なぜなら自己流ゴルフで挫折しかけた私が、スコア80台まで上達できたオススメの方法について書いているからです。

原野

自己流スイングで練習していた過去の自分に伝えたい内容を、わかりやすいように記事にしました!

同じ経験をしている人が上達スピードを早められるように、まずは『私が100切りできた理由』から以下で詳しく紹介していきますね!

ゴルフは自己流スイングでは上達できない!

ゴルフは自己流スイングでは上達できない!

結論、自己流のゴルフスイングでは、短期間で上達することはかなり難しいです。

なぜならゴルフ初心者は間違って覚えたスイングで練習している場合も多く、再現性高く打てないからです。


ゴルフでは、再現性高く正しいスイングで打てるかが、スコア上達の鍵になります。


私は自己流でゴルフ練習していた結果、全然上達せずスコア100切りできなかった上に、変なスイングの癖が付きかけた経験があります。

原野

あの頃は練習やラウンドにお金がかかるのに期待通りのスコアが出ず、全然ゴルフが楽しくなかったですね。

自己流でスコア100切りは可能!ただ90切りは難しい

ちなみにご存知ない方も多いですが、ゴルフスコア100切りを経験している人はゴルフ人口の3割しかいないそうです。


自己流で100切りを達成している人もいましたが、そういう人は『毎週5日以上練習場で打てる時間がある人』の印象が強かったです。

それくらい時間を取れる人や、周りにプロの知り合いがいる経営者の方であれば、スコア100切りも実現可能かもしれませんが、私にはどちらもできなかった。


そこで『スコアを伸ばしたい!』と思うようになってから自己流スイングの限界を感じ、ゴルフレッスンでティーチングプロに教えてもらうことにしました。


その後あっという間にスコア100切りを達成し、今では平均スコアが80台にまで成長したのです!

原野

自己流でやっていたらスコア100切りに3年以上はかかっただろうな、と本当に感じます(笑)

実際の声!自己流ゴルファーの悩みを紹介

30代男性

ゴルフ練習場のレッスンプロに20分間スイングチェックをしてもらい、そこでお恥ずかしながらゴルフ歴6年目にして、グリップの握り方が違っていたことが判明。結構間違えていたので、今まで右へ左へ又、ダフるといったミスが多かったと思います。
ゴルフ歴2年で自己流ゴルフをしてきましたが、スコア100を切った経験も1度だけで全然上達しません。本当に上達したいのですが、何が悪いのかわからないので、自己流の限界を感じています。

20代女性

自己流のゴルフスイングで上達できない原因5つ

自己流のゴルフスイングで上達できない原因5つ

私は自分の経験から、自己流スイングで上達できない原因が明確にあると思っています。


その理由は書き出したら切りがないですが、中でも特にプロとの違いが出る部分を紹介しますね!

原因5つ
  1. 何が悪いのか原因がわからない
  2. 再現性がある球が打てない
  3. 基礎スイングを知らず変なクセづけをしてしまう
  4. 体重移動をうまく行えない
  5. 正しく体を使えていない

1:何が悪いのか原因がわからない

まずは自己流の場合、『なぜ上達しないのかわからない』ことです。


指導者がいると『何が悪いのか』を一発で教えてくれますが、自分で原因点を見つけることは正直難しいです。


ゴルフ経験が豊富な人であれば、『体が回っていない』『左脇が閉まっていない』など感覚で普段との違いを見つけられます。


しかし、ゴルフ初心者で一度もスコア100切りできていない段階だと、経験値が少なく成功体験がないので、『自己流スイングのどこが悪いのか』がわからないのです。


『スコア100切りをする方法を知りたい人』は、以下の記事も参考にされてくださいね。

ゴルフスコア100切りができない人の原因2つと初心者が上達するゴルフレッスンスクールゴルフスコア100切りできない人必読!上達のコツ5つと注意点2つ

2:再現性がある球が打てない

自己流ゴルフの人は、再現性のある球が打てないことが致命的です。


なぜなら基礎を知らずに自分流のスイングをしているので、抑えるべき点を見落としているからです。


ゴルフでは、つまらない言い方をすると『同じ構え方で、同じスイングで、同じような球を打つこと』が上達に繋がります。


そのため再現性のある球が打てないと、いつまでたっても上達できないのです。


『基本の正しい構え方について詳しく知りたい人』は、ダブルイーグル銀座の店長に解説していただいた以下の記事もみてみてくださいね。

ゴルフ初心者が身につけるべきスイングの基本ゴルフ店取材!基本スイングで初心者のミスを10分の1に減らすコツ5つ

3:理想スイングに近づけたくて変なクセづけをしてしまう

自己流ゴルファーの大半は、YouTubeや本などで情報を収集していると思いますが、人によっては変な癖付の原因になってしまいます。

原野

私もラウンド前はYouTubeでストック動画を見返すのですが、ここでゴルフ初心者には落とし穴が。。

なぜなら、正しい手順で学び始めていれば問題ないのですが、ほとんどの人は情報収集方法も間違えているからです。


基本的に皆んなが同じことを言っている訳ではないので、様々な意見を盛り込みすぎて不要な癖がついてしまう人が多いのです。


例えばスクールの場合には、あなたの打ち方をみて、負担がないスイングで打つ方法を教えてくれます。


しかしYouTubeは一般的な方法を解説しているので、そもそもあなたにあっていない可能性もあるのです。

4:体重移動をうまく行えない

ダフリやトップなどのミスが多い人は、体重移動がうまく使えていない場合が多いです。


具体的には、右足に体重が残ったままスイングしていると思うので、ダウンスイングをする際にきちんと体重を左に持っていく必要があります。

 

ゴルフ初心者で自己流スイングでプレーしている人は、力で飛ばしている人が多いので体重移動をうまくできていない人がほとんどです。


『体重移動ができない』とわかっていても、自己流でプロから学んだ経験がないと、正しい体重移動の方法がわからないままで飛距離も伸びません。


『体重移動がうまくできない人』は、以下の記事に詳しくやり方を書いているのでご覧ください!

ゴルフ初心者が体重移動のコツと練習方法ドリルで飛距離の悩みやミスを減らせる!【3分で理解】ゴルフスイング時の体重移動コツ2つと簡単練習ドリル

5:正しく体を使えていない

最後に、自己流スイングだと正しく体を使えていない人が多いです。

原野

私も初めてレッスンで教わった時に一番勉強になったことです!

具体的に言うと、体を回すタイミングや、飛距離を伸ばすために重要な『タメの作り方』など、自己流では習得できなかったアドバイスをもらえたのは嬉しかったですね。


ゴルフ初心者はクラブにばかり集中してしまいますが、基本は体でボールを飛ばします。


半年でもゴルフレッスンに通うと、本当にフォームも綺麗になりますし、たまの安定感も見違えますよ!

自己流ではなくゴルフレッスンで短期上達しよう!

自己流ではなくゴルフレッスンスクールがおすすめ!

自己流でゴルフをやられている方は、以下の3つに当てはまる方が8割なのではないでしょうか。

よくある自己流ゴルフを続けている理由
  • 金額が高そう
  • 長続きしなそう
  • 時間がないと思い込んでいる

上記のように思っている方は、もったいないです!!!!!


金額は分割払いできますし、早朝から夜遅くまでやっているスクールもたくさんあります。


また、教わると自分のフォームが見違えるように綺麗になっていき、上達を実感できるので想像しているよりも続くはずですよ!


また、レッスンコーチは定期的に自分のフォームをみてくれている人なので、自分にあったクラブのセッティングやメーカーの相談も信頼してできるメリットがあります!

ゴルフレッスンに通わない理由が『お金』なら通うべき!

ゴルフを自己流で行なっている人は、スコア100切りまでに2、3年はかかります。


通常は、基礎スイングを習得してラウンド経験を積むと、スコアも上達していきます。


しかし基礎を学んでいないといつまで経っても上達を感じられず、100切りどことか『スコア110の壁』を感じる人も多いです。

原野

『110の壁』の相談は非常に多くいただきます。私は、いますぐ半年間だけでもレッスンに通った方がコスパが良いことを伝えています!

例えば1万円のゴルフ場に年10回いく場合10万円がかかりますが、ラウンドに行っても行ってもミスが減らない経験はないでしょうか?


こういう経験が続くと、上達もしないラウンドフィーを払い続けることが嫌になり、ゴルフが好きではなくなってしまいますよね。


そのため、レッスンで基礎を学び練習で基礎固めをしていくと、自然と再現性高いボールを打てて、ラウンドスコアも上がっていくので逆にコスパが良いのです!

おすすめのゴルフレッスンスクールは3つ!

おすすめゴルフスクールBEST3

原野

本気で2ヶ月でうまくなりたいなら、『RIZAP GOLF 』がおすすめです!マンツーマンでわかりやすく教えてくれ、経営者や接待が多いので短期間で集中して学びたい人に最適です!短期間でこっそり上達できるため、2ヶ月後に劇的にゴルフが上達しており、一緒に回るときに驚かれますよ!

※『おすすめのゴルフレッスンスクール』に関する詳しい解説は、以下の記事をみてみてくださいね!

ゴルフ 初心者におすすめのスクール【完結版】2ヶ月で上達!初心者におすすめゴルフスクール3選・選び方5つ

どうしても自己流ゴルフを続けたい人向け!上達のコツ6つ

どうしても自己流ゴルフを続けたい人向け!上達のコツ6つ

『どうしても自己流で上達したい』という人向けに、今から7つのコツを紹介します。

自己流ゴルフスイングで上達するコツ6つ
  1. 自己流ゴルフにありがちな『手打ち』を直す
  2. ハンドファーストで構えて打つ
  3. 体とクラブの位置を近づける
  4. 左の壁を作ること
  5. 頭の位置は動かさない
  6. 体の左で音がなるスイングをする

基本的なことを紹介するので、『初めて聞いた!』と感じることが多ければ、是非ゴルフレッスンに通って自分の成長幅を感じて欲しいです。


確実に今のスコアが100をきっていなくても、正しい打ち方を知ればスコア80台は出せるようになりますよ!

1:自己流ゴルフにありがちな『手打ち』を直す

『手打ち』とは、構え方やアドレスができていても、腰などが回っておらず手の動きだけで打つ動きのことです。


自己流ゴルフにありがちな『手打ち』を直さないと、当たったりミスしたりと安定したボールを打つことができません。


手打ちの原因は、上半身に力が入ってしまうことなので、力で飛ばそうとせずに体を回して飛ばすイメージを持ちましょう!

2:ハンドファーストで構えて打つ

まずは、ハンドファーストで構えて打つように意識しましょう。

なぜならロフトが立った状態でインパクトを出せないと、飛距離を出せないからです。

ハンドファーストのコツは、普通のアドレスをして、右肩を少し低く傾けるだけです!

注意
手だけでハンドファーストしようとすると、手が体から離れてしまうので注意しましょう!

3:体とクラブの位置を近づける

自己流ゴルフにありがちなのが、体とグリップの位置が遠いことです。


なぜなら、体とクラブが離れていると手が自由に動いてしまい、ミスショットに繋がってしまうからです。


具体的には、おへそとグリップの距離は握りこぶし1つ入るくらいの近さがちょうど良いです!

自己流ゴルフスイングをしている人におすすめのコツは、体とクラブの位置を近づけること

原野

打つ前は『近すぎてミスしそう!』と不安だと思いますが、基本構えたところにクラブが返ってくるので心配いりませんよ!

※この原理が理解できない方は、以下の記事を再度見てみてくださいね。

ゴルフ初心者が身につけるべきスイングの基本ゴルフ店取材!基本スイングで初心者のミスを10分の1に減らすコツ5つ

4:左の壁を作ること

4つ目のコツは、スイングする際に左腰に壁を作って、腰をスライドさせないことです。


なぜなら左腰をスライドさせてしまうと、力強い飛距離の出るショットが打てないからです。


ただ、いきなり『左に壁がある』ことをイメージしようとしても、打ちにくいと思います。


そこでおすすめなのが、ダウンスイング時に『お尻をその場で回転させて打つ』ことです。


その場で腰をお尻を回転させると、自然と腰をスライドさせずに左の壁を作ることにつながりますよ!

自己流ゴルフスイングをしている人におすすめのコツは、左腰に壁を作ること

5:頭の位置は動かさない

構えた時の頭の位置から、動かさないでスイングすることが重要です。


なぜなら頭を動かしてしまうと、ボールを正しく捉えられずにミスショットになりやすいからです。

原野

下の画像をご覧ください!構えた位置から、頭の位置が動いていないのがわかりますよね!

自己流ゴルフスイングをしている人におすすめのコツは、頭を動かさないこと

自己流でゴルフをしている人のスイングによくあるのが、打つ瞬間に伸び上がってしまい、頭も上下に動かしてしまうことです。


これではミスショットが防げないので、必ず構えた位置から頭が動かさないように注意しましょうね!

6:ドライバーの場合、スイング音を左側で鳴らす

最後は、スイングする際に体の左側で音がするよう、意識して振り抜くことです。


なぜなら体よりも右で音が鳴るということは、振り抜けていないのでクラブが走ってくれず、飛距離も出ないからです。


おすすめは、打つ前に素振りを3、4回連続ですることです。


連続素振りをすると、足から回転していくのでクラブが遅れてくる感覚がつかめ、ヘッドスピードも上がりますよ!

自己流スイング卒業!ゴルフレッスンに通う際のよくあるQ&A2つ

自己流スイング卒業!ゴルフレッスンに通う際のよくあるQ&A3つ

自己流ゴルフを卒業してレッスンに通おうと思っている人がよく抱く質問をまとめました!


私の経験と、レッスンスクールに通ってスコア90台で周り始めた友人達の意見を元に、紹介して行きますね!

1:見違えて変化を感じるゴルフレッスンの頻度は?

ゴルフレッスンは、1週間に2回以上は通う習慣をつけましょう。


レッスンの日程は、目標スコアを達成できる期間が短くなるので、なるべく詰めて通うほうがおすすめです!


平日は厳しくても土日などで1時間ずつのレッスンを続けるだけでもだいぶ変わりますよ!

2:レッスン費用って高いの?

ゴルフレッスン費用は、スクールによってそれぞれ異なります。


月額制のサンクチュアリ なら杵つき0円で入会金も半額なので、3ヶ月で39,800円隣1ヶ月で考えると13,000円で通えてしまいます!


また自己流で継続できない人におすすめなRIZAP GOLF だと、16回¥348,000で1回あたり21,000円なので意外とお得なのです!

原野

RIZAP GOLFの場合、試打クラブを活用して最適なクラブの提案もしてくれて、レッスン外のアドバイスや、練習メニューの出題までしてくれます!だらだら練習するのではなく、短期間で結果を出したい人が私の周りでも通っている印象ですね!

自己流ゴルフスイング まとめ

自己流ゴルフスイング まとめ

この記事で紹介する『自己流のゴルフスイングで上達できない原因5つと上達のコツ6つ』を実践すれば、『何が悪いのか』『レッスンに通うべきか』がわかりますよ!


最後にまとめてみましょう!

自己流ゴルフの限界原因5つ
  1. 何が悪いのか原因がわからない
  2. 再現性がある球が打てない
  3. 基礎スイングを知らず変なクセづけをしてしまう
  4. 体重移動をうまく行えない
  5. 正しく体を使えていない
おすすめゴルフレッスンスクール3選

自己流ゴルフをやっていると、本当に上達スピードが下がってしまうので、個人的にはゴルフレッスンでプロに教えてもらうことをおすすめします。

原野

私自身、レッスンに通うまでスコア100切りの壁を痛感していましたが、本当にレッスンに真剣に通った結果、いまではスコア100以上を叩かなくなりました!

自己流スイングに悩んでいる方は、悩む時間を払拭するためにも人気の体験レッスンに行ってみて、自分のスイングを客観的にアドバイスもらってみると良いですよ!


※この記事を理解できたら、『ゴルフ打ちっ放しの練習方法』に関して解説している以下の記事もご覧ください!

ゴルフ打ちっぱなしですぐに上達できるおすすめの練習方法5つとステップ7つ【3分で上達】ゴルフの打ちっぱなし練習方法7ステップ・コツ5つ